養老牛温泉 ホテル養老牛(養老牛温泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

養老牛温泉

中標津町の奥座敷と呼ばれる温泉は、約300年も昔にアイヌの人々によって発見されたと言われている。温泉街には標津川が流れ、周囲の山々に春は桜、秋は紅葉が咲き乱れる花の名所でもある。シマフクロウが訪れる旅館などもあり、自然との一体感を楽しめる道東の秘湯だ。泉質は無色透明の食塩泉などで神経痛等によい。


関連記事(養老牛温泉(北海道))
  1. 湯宿だいいち(養老牛温泉)