箱根 きのくにや旅館 遊仙観(ゆうせんかん)(芦之湯温泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

芦之湯温泉

鎌倉時代に開湯した温泉郷で『箱根七湯』のひとつ。古くから文人墨客が多く、広重の絵にもある老舗旅館は、明治維新の志士たちもこよなく愛したとされている。温泉は単純硫黄泉、含硫黄カルシウム硫黄塩泉の2種類がある。『箱根山のドイツ兵』など、このエリアにちなんだ著書も数多くある。