秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館 露天風呂付き客室も温泉の宿(新木鉱泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

新木鉱泉

新木鉱泉の創業は江戸時代、文政10年(1827年)にさかのぼる。創業より180年余り、当時の内装そのままを残す重厚な建物が特徴。泉質は“含硫黄アルカリ泉”。そのなめらかな肌ざわりから「卵水」とも呼ばれ、神経痛・リウマチ・胃腸病・冷性・外傷など、また美容にも効果があることで知られている。