湯治のできる宿 しらさぎ(椿温泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

椿温泉

その昔、足を傷つけた一羽の白鷺が、椿の村に舞い降りた。やがて、白鷺の傷は回復したのか再び空へ・・。その跡にはほのかな湯煙が上がっていた。その地を「さぎの湯」と名づけ、利用し始めたのが、椿温泉の起源といわれている。湯はまったりふくよか、美人湯の化粧水いらずといえよう。又湯治場としても愛され続けている。


関連記事(椿温泉(和歌山県))
  1. 民宿若竹(椿温泉)
  2. つばき荘(椿温泉)