湯宿 升形屋(赤湯温泉)

setParam(‘serv_id’,’354294′);
/*
* page パラメータが存在することと、pageパラメータの値が数値であることを確認してから、
* パラメータに収めます。
*/
if (array_key_exists(‘page’,$_GET) && is_numeric($_GET[‘page’])) {
$hotel->setParam(‘page’,$_GET[‘page’]);
}
/*
* APIへの問い合わせ実行
*/
$response = $hotel->executeQuery();
/*
* ページ本体の生成
*/
$pageBody = new PageBody(‘Views/Pagination2.html’, ‘Views/FormattedItem2.html’, 1, $response);
?>
show();
?>

赤湯温泉

「赤湯」の由来は、今から900年前、八幡太郎義家の弟義綱が、渾々と湧き出す湯を発見し、戦いで傷ついた家来たちを湯に入れると、たちまち傷が治り、傷から出た血で温泉は深紅に染まったと言われることから。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物温泉。源泉は63度で、きりきず、やけど、皮膚病などに効くという。