山里のいおり 草円(そうえん)(奥飛騨温泉郷(福地温泉))

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

奥飛騨温泉郷(福地温泉)

国道から1本それた静かな山間にある、全宿数わずか13軒の温泉地。その昔、村上天皇が療養に訪れた事から「天皇泉」とも呼ばれている。ネオンや高層の建物がなく、夜になると全宿おそろいの看板だけが灯り、より秘湯情緒が溢れる。山里らしさを大切にした、素朴な雰囲気の宿が多い。