寸又峡温泉 旅籠 甚平(寸又峡温泉)

setParam(‘serv_id’,’307136′);
/*
* page パラメータが存在することと、pageパラメータの値が数値であることを確認してから、
* パラメータに収めます。
*/
if (array_key_exists(‘page’,$_GET) && is_numeric($_GET[‘page’])) {
$hotel->setParam(‘page’,$_GET[‘page’]);
}
/*
* APIへの問い合わせ実行
*/
$response = $hotel->executeQuery();
/*
* ページ本体の生成
*/
$pageBody = new PageBody(‘Views/Pagination2.html’, ‘Views/FormattedItem2.html’, 1, $response);
?>
show();
?>

寸又峡温泉

大井川鉄道のSLとミニ列車を乗り継いで訪れる、南アルプスの麓にある山間の温泉街。明治22年湯山地区の共同湯治場湯山温泉として開発され、その後3回のボーリングで昭和37年に自然湧出、寸又峡まで引き湯された。43.6℃、毎分540リットル。硫化水素系の単純硫黄泉で肌に優しく「美人づくりの湯」で知られる。