嬉野温泉 隠宿 華の雫(はなのしづく)(嬉野温泉)

setParam(‘serv_id’,’358013′);
/*
* page パラメータが存在することと、pageパラメータの値が数値であることを確認してから、
* パラメータに収めます。
*/
if (array_key_exists(‘page’,$_GET) && is_numeric($_GET[‘page’])) {
$hotel->setParam(‘page’,$_GET[‘page’]);
}
/*
* APIへの問い合わせ実行
*/
$response = $hotel->executeQuery();
/*
* ページ本体の生成
*/
$pageBody = new PageBody(‘Views/Pagination2.html’, ‘Views/FormattedItem2.html’, 1, $response);
?>
show();
?>

嬉野温泉

九州屈指の名泉として知られ、源泉は17ヶ所で湯量も豊富。食塩と炭酸を含有したアルカリ性の湯は良質で、汲み上げ時の温度は約100度ある。江戸時代の嬉野温泉は長崎街道の宿場町として栄え、今でも嬉野川の清流に沿って60軒余の宿が建つ。嬉野温泉の名物はお茶と、とろける温泉湯豆腐。