ホテル静養園(青掘温泉『琥珀の湯(R)』)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

青掘温泉『琥珀の湯(R)』

明治末に米国でコックの修行を終えて帰ってきた当時の初代館主が、修行時代最後に米国の石油富豪のお抱えコックをやっていたので、帰国後お国のために石油を掘るつもりで上総堀の井戸を掘っていたところ温泉と天然ガスが自噴した。大正2年から自噴している。