ホテル紅葉館(羽根沢温泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

羽根沢温泉

「清流ときのこの里」鮭川村。自然豊かな中にある羽根沢温泉は大正8年、元石油会社が石油を求める目的で試掘を行ったところ、多量の温泉が沸き出したことが始まりと言われる。県内唯一の間欠泉で、肌がツルツルになることから美人の湯とも呼ばれている。近くには「夫婦杉」「縁結び杉」と言われる「小杉の大杉」もある。


関連記事((山形県)羽根沢温泉)
  1. 加登屋旅館(羽根沢温泉)