ねぶた温泉 海游 能登の庄(ねぶた温泉)

ウェブサービスデータベースのXMLに異常があります。

ねぶた温泉

昔、弘法大師が能登を訪れた時、傷ついた豚(イノシシ)が湯だまりに寝ころんで傷を癒している姿をみて、この温泉の効能を察し、入浴を奨めたことに由来がある。輪島の街から少し離れた「能登の庄」と言う一軒宿の源泉。宿泊者には、大浴場2種と露天風呂が利用できる。